ラクーダの雑記

生粋のナマケモノ

【S13最終855位/レート1909】バンドリマンダサンダー

 トレーナーカード

 

【初めに】

 こんにちはラクダという者です。今期は初めてバンドリに挑戦したので記事を書きました。良かったら読んでいってください(砂パ使ってる方々と仲良くしたいですお願いします)。

 

【最終結果】

 TNメガバクーダ(最終855位/レート1909)

 

 

 レンタルチーム

 

【構築経緯】(以下常体)

 

並びf:id:rakkun000game:20201217171737p:plainf:id:rakkun000game:20201217171742p:plainf:id:rakkun000game:20201217164435p:plainf:id:rakkun000game:20201217164140p:plainf:id:rakkun000game:20201217165809p:plainf:id:rakkun000game:20201217165654p:plain

 

 環境トップであるサンダー(アタッカー型・耐久型)に幅広く対応できるバンギラスから構築を考え始め、バンギラスと相性がよく、サンダーにも強い高速抜きエースとなれるすなかきドリュウズを組み合わせたバンドリを軸に据えることにした。

 バンドリを表選出とする場合、相手のエースバーン・テッカグヤランドロスあたりがきつすぎたので、3匹目として上記のポケモンたちの多くに有利でドリュウズダイマックスを切りたくない際に自身がダイマアタッカーになれるポケモンを探した結果特殊ボーマンダが該当し採用した。それに続いて、初速とダイマックス適正があり初手に置きやすいポケモンが欲しいと思ったのでバンドリと相性のいいスカーフサンダーを採用。ここまでで氷タイプとウーラオスが重すぎたのでカプ・レヒレカプ・レヒレで対応できないラプラスマンムー対策でナットレイを採用し本構築に至った。



【コンセプト】

 ・バンドリ砂展開からドリュウズを通すの一点。

 

 

【個体紹介】

 

  選出率:3位

バンギラス@きあいのたすき  NN:バンギ―  二つ名:むかしはムキムキの

特性:すなおこし

性格:せっかち

がんせきふうじ/ばかぢから/れいとうビーム/ステルスロック

191(124)-161(52)-117-125(76)-121(4)-124(252)

B-D

ポリゴン2の「DL」で攻撃↑

A

・HBナットレイにA+2珠ドリュウズの「じしん」で削った後に「たべのこし+やどりぎ回復」含め、「ばかぢから」で落とせるくらい

C

・「がんせきふうじ」+「れいとうビーム」でH252ガブリアスが確定1発

S

・「がんせきふうじ」を入れた後、できるだけ上から行動したいため最速

 

 バンギラスはサンダーに強いが、一方で物理格闘技持ち(エースバーンや悪ウーラオス)と対面してしまうと裏にかかる負担が大きくサイクル負けを引き起こしやすいという課題があったので最低限の行動保証があった方が動かしやすいと考え、気合の襷を持たせることにした。

 技構成はバンギラスの強みである「ステルスロック」と「がんせきふうじ」は確定。対面でB-1悪ウーラオス確定で落とせる「ばかぢから」とカバルドンラグラージ展開やポリゴン2クレセリアに刺さる「ちょうはつ」を採用していたが、バンドリで絶望的に重いガブリアスが最終日前に増えていたので「ちょうはつ」を切って「れいとうビーム」を採用した。最終日はポリゴン2によく当たり「ちょうはつ」が欲しかった場面が多かったので要検討。

 

 

 

選出率:1位

ドリュウズ@いのちのたま  NN:むてきまる  二つ名:てんさいとよばれた

特性:すなかき

性格:ようき

じしん/アイアンヘッド/ロックブラスト/つるぎのまい

185-187(252)-81(4)-*-85-154(252)

A

・振り切り

S

・すなかきドリュウズミラーとすなかき発動時にS+1最速エースバーン・アーゴヨン抜けるように最速

 

 パーティに必須である地面枠でありながらサンダーに一番強いアタッカーポケモンで、耐久がないのにもかかわらず受けずらいとされるウツロイドを安定して受けられるという最強ポケモン。すなかき発動時のドリュウズを止められるポケモンは本当に限られていたので(HBランドロステッカグヤくらい)、ほとんどこのポケモンダイマックスを切っていた。

 その一方、ドリュウズは低耐久・中速なのでなるべくこのポケモンダイマックスを切るか、すなあらしが起きてるの状態で場に着地させないと腐りやすいので、砂管理がとても難しかった。

 性格に関して、最終日2日前までは+2珠ダイスチルでHB特化カバルドンを87.5%で落とせる意地で使っていたが、2、3回同速勝負に負け、S+1エースバーンを抜けないのが苦しかったので陽気に変更した。この変更で確定数が変わってしまうポケモンが多かったが、すなかきドリュウズは準速と思っているプレイヤーが多くこの変更で拾えた試合の方が多かったので良かった。

 技構成はテンプレ。

 

 

選出率:4位

ボーマンダ@たつじんのおび  NN:バルバドス

特性:いかく

性格:おくびょう

エアスラッシュ/りゅうせいぐん/ハイドロポンプ/かえんほうしゃ

170-*-100-162(252)-101(4)-167(252)

 C

・振り切り

S

・Sラインが激戦区のため最速

  バンドリがきつめなエースバーン・ウーラオスランドロス入りに初手に投げる駒。当初はメガネで使用していたが、打ち分けできずダイマックス時に火力がなくなるため、確定数の変わる「達人の帯」を持たせた。

「達人の帯」ダイストリームが

・HB特化カバルドンに104%~

・HB特化ランドロスに104%~

「達人の帯」ハイドロポンプ

・H4振りランドロスに99.3%~(乱数87.5%)

基本的に初手に置くので目の前に通る技を素直に打っていた。特に初手に来るサンダーはHBかCSメガネorスカーフが多くたいていボルトチェンジで逃げていくので、Cダウンを恐れずに「りゅうせいぐん」を連打していた。

  技構成はテンプレ。

 

 

選出率:2位

サンダー@こだわりスカーフ  NN:サンダーV

特性:せいでんき

性格:ひかえめ

10まんボルト/ぼうふう/ねっぷう/ボルトチェンジ

165-*-106(4)-194(252)-110-152(252)

C

・サイクルの中で削りを入れたいので振り切り

S

ヒヒダルマに対する引き先が用意できたため火力重視の準速

 

 現環境で一番初手に出しやすく、出し負けした際にも上からボルトチェンジで逃げる動きが強いと思ったのでスカーフで採用。スカーフであることによる具体的なメリットは

バンギラスに投げてきた剣舞カミツルギに後投げして上から熱風で縛れる。

バンギラスをダイナックルで倒してきた4振りダイマエースバーンを珠ダメ+砂ダメ+「ぼうふう」+珠ダメ+砂ダメが乱数75%で倒せる。(「ぼうふう」を命中させた場合に限る)

 初手出し性能、ダイマックス適正、受けだし性能、スイープ性能すべてが備わっていて最強だった。

 技構成はサイクルを回す「ボルトチェンジ」、ダイジェット媒体の「ぼうふう」、ナットレイカミツルギ意識の「ねっぷう」、ドリュウズの砂かきを発動させる「げんしのちから」を終盤まで使っていたが使用回数が少なかったので対面にダメージを与えられる「10まんボルト」に落ち着いた。

 

 

  選出率:5位

カプ・レヒレゴツゴツメット  NN:ラプンツェル

特性:ミストメイカ

性格:ずぶとい

175(236)-*-177(204)-115-150-114(68)

ムーンフォース/なみのり/しぜんのいかり/ちょうはつ

H-B

H16n-1、B11n+1(Bに効率良くなるように残り振り切り)

S

・準速61族抜き

 構築上重いフェローチェ、ウーラオスヒヒダルマへの引き先であり、最終日2日前に入ってピクシーの席を奪った姫。この型は受けループに強く、上記のポケモンと受けループにはよく出した。

 調整・技構成等は前期のニコニコ初心者さんの調整をパクりました。

 

 

選出率:6位

ナットレイ@たべのこし  NN:にちゃにちゃ

特性:てつのとげ

性格:のんき

ジャイロボール/パワーウィップ/やどりぎのたね/ステルスロック

181(252)-114-201(252)-*-137(4)-22

H-B

・とりあえず特化

S

・最遅

 終盤にかけてラプラスマンムーが増え、旋律展開を阻止するために入れたポケモン。本来ナットレイを使用する場合はエースバーンやサンダーに対する引き先を用意するものであるが急遽補完として入ってきたので引き先が用意できず、上記のポケモン入りの構築以外には全く出さなかった。いわゆる置物。このポケモンをうまく扱えるレベルに達していないため時期尚早であった。

 ボックスにいた個体を適当に持ってきたので調整・技構成の理由は不明。そういうところが本当に良くなかった。

 

 

 

【基本選出】

バンドリ@1

・初手バンギラスドリュウズ+サンダー

・初手サンダーorボーマンダ+バンギラスドリュウズ

 

VS受けループ

・サンダー+ドリュウズカプ・レヒレ

 

 

【重かったポケモン

・エースバーン

・スカーフガラルヒヒダルマ

テッカグヤ

カバルドン

ラグラージ

アーゴヨン

・雨パ

エアームド入り受けループ

ドサイドン

 

 

【終わりに】

  前期の構築にバンギラスドリュウズ(かたやぶり)が入っていたので、今期は絶対バンドリで行く!と決めていたのですが最終日3日前まで4桁後半におり、苦戦した分3桁に乗せれてほっとしています。バンドリマンダサンダーに関しては色々考えていましたが、補完の2体を適当に決めてしまったため最終日も上記の4体だけで戦っている状況が続いてしまったのが反省点だったと思います。

 前期は最終を溶かしてしまいましたが、S9から最終3桁のラインには乗せられるけどその先が伸びない状況が続いており本当に19から先の壁が高いと感じています。なにが足りないんですかね本当に。最終日に溶かしても立て直せるメンタルはついてきた(自称)と思っているので構築力かな~?って思っています。また頑張っていきたいですね。

 ここまで読んで頂きありがとうござました。

 

 

【Special Thanks】

・バンドリについて構築相談を聞いてくださったユッキーさん

・通話やフレ戦をしてくれた窓&ポケ友の方々